アニメ・アイドル系イベント放浪記

アニメ・声優さん・アイドルイベントの参加blog。アニメ感想なんかも書いちゃいます。

Gotanda Go!Go!! 500円!ArcJewel週末ワンコインLIVE❣(2024/03/02)


ArcJewelのライブイベントに行ってきました!
特に解説するまでもなく、Luce Twinkle Wink☆ さん目的で行ってます。

先月23日で、ミントグリーン担当の 小泉かのん さんが卒業して5人体制になったLuceさん。
その後も何度かステージがあったようですが、自分が5人体制に戻ってから見るのは今回が初めてです。

元々この日は、同じ会場でこの後のステージのチケットを取ってたのですが、その後にこっちのライブの存在を知って、急遽追加でチケットを取った、って感じでした。
なので、番号は最後列付近。まぁいつもの事なんですけどねwww

あとあと、各種研究生もステージもあるし、かののんさんが移籍するあんじゅれさんのステージも見れるって事で、行ってみました。


告知はこんな感じ。


時期的に、Luceさんが写真じゃなくなっているのが、ちょっとアレですね。
発表当時はかののんの件が未発表だったのかな、って思った。

あとあと、ここ数日「最後のイベントです!」みたいな言葉があって、ちょっと気になったりしてたんだけど、そこはまた後で。


当日。
場所は、GOTANDA G7。
AJライブは五反田ではG4とG7である事が多いのですが、今回は山手線の近くの地下にある方のG7での開催でした。
ここは駅からも近いし、どうせ番号も後の方なので、ギリギリに五反田駅に到着。
そのまま会場に向かっても、10分前ぐらいには到着しました。


なんと、大満員!!
そもそもこの会場、入り口前のロビーがそんなに広くない上に、今回は2組+研究生合同のライブでファンも多く、開場前は大混雑となってました。
しかも、G6の方でも別イベントを開催してるみたいだし。

混雑していたせいか、入場も遅れてた。
かなり後ろの方の自分が入場できたのは、開演10分前ぐらいだったかと思います。

その後も、どんどんお客さんが入ってくる。
ついには、「一歩づつ奥の方に詰めてください!」って、以前のオルスタライブのようなアナウンスが発生してしまいました!
コロナ禍の後、ライブハウスはスカスカなのが通例だったのに。ついにここまでも戻ったんだねぇ。
とはいえ、これだけ人が入ってくると、見えにくくなるので、あまり嬉しくは無いのですが。。。

おかげで開演も遅れて、16:10ぐらいに開始でした。




・らぶけん
最初は、らぶけんさん。
アイドルグループ「愛乙女☆DOLL」研究生ユニットです。
元をよく知らないので、そうなのか。ぐらいの認識なのですが。
AJ系のイベントで何度も見たことあるので、全く知らない訳でもないですけどね。

2曲 歌ってたのかと思います。
曲は・・・なんか聞いたことあるような気がする。程度www

ツイートみたらセトリがかいてあったので、書き写しておきます。

01.流れ星
02.LOVE♡BEAM

それも含め、何人かの衣装ツイートがあったので張っておきます。



終わった後、客電がついてアナウンス。
まだお客様が入ります!奥に詰めてください!!って。

大人気だな。
後で知ったのですが、この手のライブでは珍しく、当日券まで完売しちゃったそうです。




・るーけん
続いて、Luceの研究生ユニット。
以前はもっと人がいたと思うけど、1人は本体に加入して、今は3人組です。

さすがにLuce曲なら、聞けばセトリはわかる。
曲数も2今日だけだったので、自前で記述できました。

そんなセトリはこちら。

01.少女たちの微熱
02.“FA”NTASYと!

こちらは3人写真があったので、張っておきます。



その後、らぶけん・るーけん合わせて、7人並んでの御挨拶。
合同ライブをやるんです!
みたいな内容でしたっけ。


その時は、そんなイベントやるんだ~。ぐらいにしか思ってなかったのですが。
帰宅後、この記事を書くために色々調べたら、色々出てきました。


詳細は記事の内容を見てください、なのですが。
どうやら各研究生ユニットが終了して、一部メンバーは新ユニット「Jewel☆Garden」に移籍になるんだとか。
おめでとう。と言うべきか、微妙なところではありますね。
一部メンバーは進退不明ってところもちょっと。

ともあれ、新ユニット登場ってことは理解できました。
推し増しするならこのタイミングだと思うけど、体力的にも そういう事ができるかなぁ。




Luce Twinkle Wink☆
続いて、Luceさん登場!
いつもの出囃子で、5人さん登場です。
える!ゆー!しー!いー!
しばらく6人組だったので、5人に戻ったのは新鮮!!


セトリはこんな感じ。
いーちゃんblogを参考にしてます。

01.Twinkle"5"stars!!☆
02.Password
03.Seaside Melody
04.羨望スターダム
05.刹那ハレーション


2曲うたってMC。

今日はワンコインライブにきてくれてありがとう!
ワンコインだとは思えない程にボリュームのあるステージにするよ!!
って感じの内容だったと思います。

さっき歌ったPassword。
新体制初披露だったんだよ。
今後は、特に告知せず、どんどん初披露していきます!!

まぁ、元々5人組だったので、めいぷる以外は特に苦労せずに移行できるのかも。
Seaside Melodyだけは6人曲なので、そこだけ修正が必要ですが。
あまりステージが見える場所でもなかったので、全体的な様子はあまり把握できなかったです。

最後に色々お知らせ。
さあきゅんバースデーライブの告知がありましたっけ。
あと、3月9日はさあきゅんの日で何かあるとか、そんな感じ??

衣装はこんな感じ。
完売御礼も、ここに書いてありますね。





Ange☆Reve
最後、あんじゅれさん。
こちらも、そんなに詳しくないのですが、AJライブなんかで何度も見かけてるので、全く知らない訳ではない。
一瞬、かののんさんがいるのかな、って思ったけど、加入はまだ先のようです。

セトリは見つからなかったのですが、5曲ぐらいでしたっけ。
なんか知ってる曲があるような気がするなぁ。

前半かわいい系の曲があって、後半はかっこいい系の曲だったような気がします。
そういえば、「天使と堕天使」って感じのコンセプトのグループでしたっけ。
かののんの言ってた、Luceとの方向性の違いって、こういう事なんかな。

最後の曲は、 勇敢な恋のセレナーデ だったと思うのですが、これだけは知ってる!
いつかのAJ祭に参加するのに、他グループの曲も多少予習してたので、そこに入ってたので。

数曲うたってMC。
今日はワンコインだけど、お得じゃないです。
お得だよ!何言ってるの!!
あれ?私なに言ってるの?日本語が変???

最後の挨拶の時は、「今日はお得でしたか~?」って聞いてたっけwww

色々おしらせ。
4月に10周年ライブがあります。
卒業ライブもあります。
この日はワンコインライブもあるよね?
それ情報出てないでしょ?
出てるよ。私たちは出ないけど。

ってことは。
このグループ、再編があるのは4月以降って事ですね。
かののんさんが加入するのはその辺でしょうから、その時には何かの機会に見て見たいな、とは思います。


この日の衣装とかはこちら。
5人組のはずなのに、なぜか4人しか映ってないwww



開演遅れや混雑もあって、17:31終了でした。




正直、Luceさん曲+αぐらいしかわからなかったのですが、それでも全体を通して楽しいライブだったのかな、って思いました。
思った以上に混雑したのが残念ですが、これは運営側には嬉しい事なので問題ないのでしょう。
まぁ、チケット完売とはいえワンコインなので、利益的にはそんなにはないのでしょうが。
(むしろグッズや特典会の収益の方が大事なんでしょうけど)

あとあと、なにげにLuceさんの新体制を見たのは初めてだし。
研究生ユニットも再編時期みたいだし。
あんじゅれさんも現体制ではラストスパートっぽいし。
この季節、色々かわるんだな、って実感してしまいました。
本来、もっとドラスティックに変わってもよかったのでしょうが、ここ数年はコロナ禍で停滞してた、ってのもあるので、そろそろ平常運転に戻りつつあるのかな、とも思います。
チケット完売で、詰めてください!って言われたのも含む。

色々変化はあるものの、この手のライブは頻繁に開催されていますので、また機会を見つけて行ってみたいと思います。




Luce Twinkle Wink☆単独公演 (2024/02/23)


Luceさんの定期公演に行ってきました!

案内はこちら。


通常の定期公演の形式をとっていますが、実はこの日が ミントグリーン担当 小泉かのん こと かののん の卒業公演となるのです!!

普段は金曜の定期公演はあまり行けない生活を送っているのですが(1年ぐらい前までは結構行ってたけど)、この日は祝日だし、かののんラストって事もあって、久々に行ってみる事にしました。


場所は、毎度おなじみ AKIBAカルチャーズ劇場
とはいえ、自分がここに足を踏み入れるのは、8月ぶりのようです。
ももたんが卒業して、かほはむ・めいぷるが加入した直後だったと思います。

特にここ数回のLuceさんライブは、かののんバースデー当日公演とか、かののんバースデーライブとかに参加したので、この1か月ぐらいはかののんばかり見るようになってました。

あ、自分はLuceは箱推しですよ。
最初期は「黄色はめめたん」しか知識がなかったり、
イベント現場では紗希ちゃんと目が合ってニコニコしてたり、
たまに行った特典会で、かほはむに「私は?」って押されたり、
どこかの偉い人がいってた「困ったら黄色推し」の法則に従ってみたり、
最近のリリイベではめいぷるさんの横ポニテが気になってたり、
してたことはあったのですが、それでも長くこの人押し、って感じではないですねぇ。
まぁ、以前通ってた現場で、あまりにも単推しがすごかったこともあって、それぐらいの何かが無いと難しい、って事もあるのですが。。。


そんなこんなで、かののん最後の晴れ舞台を見るために現場に向かいます。
そもそも秋葉原に行くこと自体が久々だった気がするので、ちょっと早めに行って散策しようとしたのですが、そもそも雨だったので断念。
ざっと周辺のお店を見て回った程度でした。
それにしても外国人観光客が多いな。

カルチャーズの地下に降りると、すっごい人数の待機列!!
ここには何度か来たことがあるのですが、普段は平日金曜日の開催が多いので、そんなに人が集まってない。
さすが、祝日開催と、かののんラストが重なっただけあるな。
自分の番号は、いつもなら一番最後に近い番号だったのですが、今回は入場時には半分ぐらい後ろに待ってる感じでした。
その後、余裕をもって座席を確保(ここは自由席)したのですが、開演時間までには最後列まですっかり埋まってしまうぐらいの大盛況でした。


5分前ぐらいに前説あり。
今回は、かののんでした。
これは珍しい。まぁ、今回の主役なので、当然と言えば当然なのですが。


17:32、ちょっと遅れて開演です。
える!ゆー!しー!いー!
(かののん加入時は声出しNGだっけ)

最初から、スーパーマジカルでわちゃわちゃします。

衣装はこんな感じ。



セトリはこちら。
めいぷるblogを参考にしてます。

01.スーパーマジカルーチェミラクル☆トゥルーパーマジカルーチェミラージュ
02."FA"NTASY と!
03.Symphony
04.Shall we Luce?
05.Twinkle "5" stars!! ☆
06.ターミナル〜僕ら、あるべき場所〜
07.Let me cry
08.Shiny flower
09.ポラリス
10.Shiny Day, Shiny Life
11.1st Love Story
12.Seaside Melody
En1.刹那ハレーション
En2.恋色♡思考回路


いきなり4曲連続。
前の時もそうだったけど、トーク少な目で曲多めの流れだったようです。

数曲歌ってMC。
自己紹介の後は、「まだ可愛いうちに記念撮影しましょう!」って事で、カメラマンさんを呼びます。
はい、るーちぇ!
この時の写真は・・・まだ上がってないのかな?

この後は、ノンストップで行きます!
ついてきてくれますか~!?

って感じで、ひたすら曲を歌いまくる。

なんか、区切りもあってか、衣装もあってか、曲中はいつもよりはっちゃけてた感じもします。
具体的に何が、とは言いませんがwww

ちゃんと、 1st Love Story も聞けて良かった。
何度も書くのですが、自分はこの曲でLuceを知って、それ以来ずっと大好きで、
って言うネタは、今回はこの辺でいいかな。

最後の曲です。って言って、最新シングルを歌います。
この曲のリリイベも、相当数まわったな~。

18:25ぐらいに終了。
ステージから6人さんが去っていきました。


だがしかし。客電は消えたまま。
これは、定期公演では珍しいアンコール展開!!

誰かの掛け声で、「か~の~ん!か~の~ん!!」のアンコールが始まりました。

しばらくして、かののん再登場!
ちゃんと気持ちが伝えられるかわからないので、お手紙を書いてきました。

って感じで、今のお気持ちの朗読。

何も知らなかった私の、最初の居場所でした。
自分で決めた卒業です。
これからもアイドルとして輝いてきます!

こんな感じの内容でしたっけ。

ずっと元気に笑顔で、ある意味淡々とも思える感じの展開だったのですが。
さすがにここでは、少し泣きそうになってました。

では、アンコールパートに行きます!
みんな。。。来て。。。
しばらく他の5人が来なかったので、その間、かののんが「もりあがっていけるかな~?」みたいな感じで煽りを担当してました。
ある意味、ルーチェのかののん最後の大仕事って感じだ!!

ラスト曲は上記セトリの通り。
やっぱり、恋色はラストにふさわしい曲ですよね。
おれもー!おれもー!おれもー!

18:45、終演でした。



かののんのツイートを張っておきます。





かののんさん、2年半のLuce活動、お疲れさまでした。
今回は卒業公演って事で、かなり重点的にかののんの事を見ていたので、まさに「Luce の かののん」の見納めって感じになりました。
実際には、この後は「Ange☆Reve の かののん」として活躍していくので、特に気にしなくとも、AJイベントなんかで見かける事はありそうです。
それにしても、今回の移籍騒動って何なんでしょうね。
本人が決めたこと、って言ってましたが、Luceの目指す方向性が違ってて、あんじゅれにはあるものが何なのか、事情に詳しくない自分はよくわからないです。
実際には事務所の都合というか方針とかじゃないのかな、って思ってしまいます。

あともう1つ言えば、世にも珍しい「6人Luce」も見納めだったのかもしれません。
元々このグループは5人組で、長い間1人ぬけたら1人補充するって事を繰り返してきました。
極まれに4人Luceの時代もありましたが、その期間は長くなく、最近は間髪入れずに補充メンバーを迎えた新体制公演が開催されてましたっけ。
去年8月のときも、ももたん卒業後すぐに新体制発表になったのですが。
そこでいきなり2人増えた、って聞いて、非常に驚いた。

なんで6人が大変なのかというと、今まで5人で活動してきて、ダンスフォーメーションや歌割りが5人で決まってて、メンバー入れ替えがあってもその人だけ新たに覚えればOKだったのに。
6人になると、ダンスフォーメーションや歌割り ともに全部作り直しになるので、既存メンバーも全曲覚え直しになっちゃって負担が大きくなるからです。
そもそもLuceは5人、みたいな歌詞のある歌もありますし、曲タイトルからしてもそんな曲もあるので、本来の体制に戻す、って事なのかもしれません。

まぁ、実際にはすぐに1人追加して6人体制になるのかもしれませんが。
実際にはどうなるんだろ。

そんなに間を空けずに見に行く機会もあると思いますので、5人に戻ったLuceさんがどうなるのか、確認したいと思います。






機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

最近話題のガンダムSEEDの最新映画、「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」を見て来ました!

自分はガンダムと言えば、ファーストガンダムしか知らなかった時期が長かった。
最初に見たのは本放送なのか再放送なのかも覚えていないのですが、ともかくシャアとアムロが巨大ロボットで戦ってる、ぐらいの認識しか無かったです。
その後、ずいぶん経った後で、テレビで劇場版3部作を連続放送してたので、そこで初めて詳細な設定とかストーリーとかを知った感じです。

そんなんなので、続編であるZやZZも、あまり覚えがない。
Zは、冒頭の「女みたいな名前だな」とか、ラストの「なんだか狭いなぁ。出してくださいよ」ぐらいは覚えているものの、内容は全く覚えてない。
ZZに関しては、ちゃんと見たかどうかすら記憶にありませんでした。

その後、XとかWとか∀とか、様々なガンダムが放送されている認識はあったものの、どれもちゃんと見た記憶は無かったな。
Gだけは、ネタ的に何度か見た覚えがあるぐらいwww


そんな中、初代のガンダムSEEDは、2002年に放送されました。
その頃になると、自分もすっかり物心(萌え心?)が付いてきた頃で、昔見ていたガンダムの記憶も多少はあったと思う(劇場版3部作は見た後だと思う)ので、これは見てみるか。と思って視聴開始。
なんとなくファーストに似ているな、という印象は受けました。
ただまぁ、初代にそれほど詳しいわけでもなく、SEED自体のストーリーも結構難しかったと思うので、普通に 地球連邦vsザフトの戦いなのかな、って思ってた。
ファーストは、ジオン軍が解りやすく悪役として描かれていたので、それに比べてザフト軍はそうでもないところが混乱してた原因かもしれませんね。

しばらくたって、続編となる SEED DESTINY が放送開始。
解りやすい(と勝手に思い込んでた)地球連邦vsザフトの戦いが終わった後で、主人公はシン・アスカに変わるし、アスランザフトではなく中立国のオーブに移籍してるし、キラヤマトとラスククラインは隠居生活を送ってるし。
ファーストに対するZみたいなストーリーなのかな?と思った記憶が。
まぁ、時代がそれを許すはずもなく、どんどんオーブが戦争に巻き込まれて生き、かつての英雄たちも戦場に狩りだされていく。
そしていよいよ、タイトル回収ともいえる ディスティニープランの発動。
科学的根拠に基づいた社会主義かよ。って印象もあって、主要キャラたちは次々に反発。
それを阻止するために、最後の戦いに向かいの出会った。


こんな感じの誤解と偏見に満ちた、SEEDの理解でした。
実際には放送当時からずっと記憶を持ち続けてきたわけではなく、今回映画を見に行く復習として、公式のダイジェスト動画を見て思い出した範囲内って事になります。



そもそも今回のSEEDの映画化。
水星の最終回に発表された、って事らしいのですが、当初から配信で本編だけしか見ていなかったので、全然知りませんでした。
その後、お気に入りのVtuberさんが何かにつけて話題にしてたり、どこかのBSチャンネル?で再放送してたり、秋葉原のアトレでコラボやってたりして、やっとその辺で映画公開を認識したのでした。

その後、映画公開されて大人気になっているという噂は聞いたものの、実際に見に行くもう一歩及ばず。
それを後押ししたのは、2つの要素がありました。

1つは日程的な問題。
丁度この日は溝の口に行く機会(詳細は前記事)があって、終わる時間も昼過ぎで微妙だったので、どこか行く場所がないかな?と探していました。
川を挟んだ向かい側、二子玉川の映画館の時間を確認していると、丁度いい時間いこの作品の上映があったので、いい機会かな。と思った次第。

そして、最後にして決定的な要素。
新キャラ、アウラ。CV:田村ゆかり
そうだった!どこかで見かけたはずなのに、すっかり忘れてた!
大画面・大音響でゆかりん声を堪能できる機会も多くないので、これは是非とも見に行かないと!!
こんなうっかりを発動して、本当に王国民かよ。
って言われそうなのですが、こういうのを「ボンクラ王国民」って言って、世間一般では一般的な存在なのですwww


そんなこんなで、前日になって映画館の予約。
20年前(かどうかも定かではない)の記憶も怪しいので、上記動画で予習開始。
それでもピンとこなかったので、「SEED FREEDOM 予習」で出てくる動画をいくつか見て、予備知識を蓄えました。

おかげで、当時はよく解らなかった背景や設定なんかも、ある程度は理解することができました。


当日。
溝ノ口での用事(詳細は前記事)を早々に終わらせ、現地到着。
上記の通り、二子玉川の109シネマズなのですが、この寒空の中、駅を降りると結構な混雑。
そして映画館に入ると、身動きが出来ないぐらいに大混雑となってました。
世間的にはエンタメに対する支出がどうとか言ってる割には、なにこの盛況っぷり!!
まぁ、三連休でも遠出せずに、近場の映画館で済ませる、という意味での大繁盛だったのかもしれませんが。
ずいぶん並んで入場。特典で、フィルムのコマをもらった。

実際に入った劇場では、かなり空席が目立つような感じになってました。
実際には公開してから2週間ぐらい経過してるし、他のライバルになりそうな作品も公開されてるので、本当のピークは過ぎたのかもしれません。
だからこそ、あまりゴチャゴチャせずにゆっくり楽しめる利点もあります。
実際には、前の方が少なかっただけで、退場時には結構な人がいたのを後で気づくのですが。



いよいよ映画本編。
一応、ネタバレを含みますので、未視聴の人で気になる人は飛ばしてください。








本編の冒頭7分間だけは、Youtubeで公開されてますので、とりあえずそこだけ見るのも楽しいかも。
映画館では、この画像そのままではなく、解説の字幕があったと思う。











これぐらい飛ばしておけばOKかな。

いきなり冒頭からガンダム始動。
今までの悲惨な戦争の歴史から、世界は軍縮の動きになり、平和監視機構コンパスを設立。
代表は、毎度おなじみ看板役、ラクス・クライン
メンバーには、キラ・ヤマトや、シン・アスカ
その他、SEEDの主要メンバーが勢ぞろいです。
敵として戦ってたジェットストリームアタックの人もいる??

戦争が終わったとはいえ、各地では細かい勢力争いが続いている状態。
そんな紛争地域に、圧倒的な武力で介入し、調停を行う(というより兵力を削いでいく?)のが活動内容のようです。

そんな中、ユーラシア連邦から独立したファウンデーション王国から、コンパスへ共闘作戦の申し出がありました。
反コーディネーター派で戦争の一端を担ってるブルーコスモス(今はゲリラ組織らしい)の残党が、国境付近に潜伏しているので、一緒に掃討しませんか。との事。
ラクスクラインをはじめ、主要メンバー勢ぞろいで現地に赴きます。

そのファウンデーション王国の女王、アウラが、CV:ゆかりん です!
はぁ、大画面大音響でゆかりん声を聴ける幸せ!!
なお、wikipediaの記事によると「一見すると幼女のような外見をしているが、実年齢は50歳。」とのこと。
お、おぅ。
言っておきますが、ゆかりんは「田村ゆかり氏じゅうななさい」ですからねっ!
それもあと数日の事ですがwww

国境付近での軍事侵攻作戦となるので、ユーラシア連邦の国境への侵犯は禁止する。
破った場合は侵略行為とみなす。

そういう前提で実行された作戦行動だったのですが、なぜか途中でキラ・ヤマトが暴走。
国境の向こう側にいるブルーコスモスの指導者を発見し、追撃しに行ってしまいます。
これはまずい!制止しろ!
仕方なく、ラクスクラインも同意。
全軍、キラヤマトを止めにかかる。
しかし侵犯行為の報復として、ユーラシア連邦から核ミサイルが撃ち込まれ、ファウンデーション王国は焼け野原になってしまうのでした。
実際には、ラクスクラインを含め、ファウンデーション指導者たちは宇宙のプラントへと逃げ延びたのですが。
そして、キラの暴走も、核ミサイルの発射も、ファウンデーション王国側の策略だったのでした。
コーディネーターを超えた存在を作り出し、理想の世界を構築するために、ファウンデーション宰相オルフぇと、ラクスクラインの両方を手に入れる必要がある、という事みたい。

核攻撃の報復として、大量破壊兵器 レクイレム で、ユーラシア連邦の国を焼きまくる。
我々に従い、ディスティニープランを受け入れろ。
これは、ラクスクラインの意思でもある。
って感じで、世界中に対して威嚇を行うファウンデーション王国。
真っ先にオーブが標的になるものの、そこから戦艦やモビルスーツを略奪するという形で、コンパスの主要メンバーは宇宙に上がります。ラクスクラインを取り戻しファウンデーション王国の野望を砕くのだ!
(百発百はずし、ってアニメ版でもそんな話があったよね)

半分ぐらいすぎて、やっとアスラン登場。
赤いズゴック。画像演出的にもシャアかよ!って思わせる、徹底ぶりです。

その後は、ひたすらモビルスーツ戦が続く感じ。
前半のややこしい話を抜きにして、この辺だけ見に来る人は絶対に多いぞ!!
そして、相変わらずキラヤマトは強いです。
実際にはアスランの方が強いんだろうけど、どうしてもキラの方が主人公って思ってしまう。

最終的には、ファウンデーション王国の野望は潰えて、隠し持っていたレクイレムも破壊。
まさに不可能を可能にする、とんでもない軍事行動でした。

ゴチャゴチャとややこしい政治判断・人間模様はあったものの、おおむね主要人物は皆さん幸せに落ち着いたって感じでしょうか。
キラとラスクはともかく、アスランカガリは、あんなふうになってたのか。とかね。
アスランは戦闘中でも破廉恥な妄想をしているらしいですwww



全体的な感想としては、とにかく以前のガンダムやSEEDが好きな人に向けて作られた、エンタメ映画だったな、って思う。
確かに知らない人が見ても、特に後半のMS戦については楽しめると思うのですが、それですら以前のガンダムを知っていると楽しさ倍増なので、知らずに見るのはもったいないかな、って思ってしまいます。

なので、今から見に行く人にアドバイスするのであれば。
全く知らない人は全く知らないままでもいいかもしれませんが、以前にSEEDを見たことある人であれば、予習復習してから見に行くことをお勧めします。
正直、ネタバレ注意って言ってる動画とかを最初に見てもいいかとも追う。
政治的な設定・状況なんかは予習しないと解らない(作品中に詳しい説明は少ない)し、モビルスーツ戦の映像は、実際に見てみないと、ネタバレを喰らったぐらいではどうという事はありません。

上記でネタバレ注意、なんて言っておきながら、その下で書くような内容でもないですけどねwww


敢えて難点を言えば。
さっきも書いたように、状況説明が少ないので、この作品だけで理解しようとすると、相当に難易度が高いって事ですね。
展開も非常に速くスピーディーなのですが、そのおかげでストーリーに付いていけない可能性が十分に考えられます。
途中、明らかに早口になってる場所とかもあるし。
ラストの見せ場なんかも、もっと引き延ばしてくれればいい感じになるのに!って思う箇所も多かった。
このストーリーをじっくり4クールかけて作ればいい作品になるのでしょうけど、2時間にまとめるのは大変なんでしょうね。


それでも、ある程度予習していけば、特に過去にSEEDを見たことある人にとっては、涙腺を刺激するような仕組みもあって、非常にオススメな映画になってました。
この作品に限らず、映画館ってたまに行くにはいいものですよね。って思っちゃいました。






川崎純情小町☆×ドン・キホーテ溝ノ口駅前店バレンタインコラボイベント 第2部(2024/02/11)


川崎純情小町☆ さんのバレンタインイベント、第2部です!!

第1部を終えた後、諸事情あって田園都市線に乗って数駅離れた某所まで行ってました。
まぁ、別にその場所である必要もなかったのですが、ちょっとお昼ご飯を食べたり、雑貨品を買ってきたり。
うん、別にその場所に行く必要もなかったのですがwww
あんまり詳しく言うのもアレなのですが、バタバタしてるだけで時間が過ぎてしまい、色々散策する時間が取れなかったなぁ。
ヨーカドーの上の方が改装されたらしいので、機会があれば行ってみたかったのですが。

それでも、現場到着した時点では少し余裕があったので、4階の小町ちゃんコーナーを見て来ました。
特設ラックが設置されているという情報を入手したのですが。

すでに新作缶バッジも新作海苔もなく、CD関係が多少置いてあるぐらい。
まぁ、人気があることはいい事です。

その後、1階の会場まで戻ってきたのですが、案の定前の方は空いてなかった。
まぁ、上記の時点と同じぐらいだったので、最前列を狙うには、もっと早く来る必要があるって事なんでしょうね。

とはいえ、前の方を覗き見ると、お子様方が座っているエリアがありました。
視界的には全然邪魔にならないので、御子様方が楽しんでもらえるなら非常にいい環境です!!
あわよくば、小さな女の子たちがアイドルを目指してくれればいいな。


開演前にスタッフさんが特典会とか物販の説明をしてましたが。
缶バッジ売り切れました。買えなかった人います?じゃあ、通販で出しますね。
とか言ってたっけ。
海苔も売り切れてたので、音源聞いてね。みたいな事いってたっけ。


15:00、イベント開始です。
いつもと同じように、「好きです かわさき 愛のまち」で登場!
今回も2人だけなのですがwww

今回はあまり前に出られなかったので、あまりいいアングルは狙えませんでした。
なんとか出せるものが上記写真。

それより、公式さんのツイートの方が、ちゃんとした写真が出てますね。


今回はチョコメイドさんと、中華風メイドさん
ドンキでのイベントは毎回1部2部で衣装が違うのですが、今回も解りやすく違ってて楽しいです。

ここでは1曲だけでMCでしたっけ。

るかぴょ~ん!
ちなちゃ~ん!!
今日は2人がお休みなので、2人で盛り上げていきます!!

さっき話を聞いたら、いつのまに2人組になったの?って聞かれたんですけど、今日は2人はお休みです。
よかったら、その辺にあるポスターなんかで確認してみてね!

今日は初めましてさんも多いね!
よろしくね!
この辺で、前方の御子様たちにも猛烈アピール。
わーい!ありがとう!!


バレンタインなので、バレンタイン曲を歌います!
バレンタインキッス!
って感じで、毎度おなじみ、お菓子配りコーナー。
ちなちゃん。「みんなも歌って!」って言ってましたっけwww
客席にマイクを向けたりして。これはなかなかハードルが高い!!

続くドンキ曲でも、メンバー交代して お菓子配りコーナー。

終了後のMCでは。
お菓子もらえたひと~!はーい!
貰えなかった人は、2人のSNSをフォローして、次回開催を楽しみにしてね!!

その後、色々と宣伝してましたっけ。
海苔かってね。とか、チョコ買ってね。とか。
買ってくれた人は、特典会でチェキ撮影できます。告白動画も撮影できます!


るかぴょん生誕祭もあります。
生誕祭ってなに?お誕生日会なの~!
アイドルさんが好きなので、いっぱいアイドルソングを歌います!
小町曲も、普段のイベントではショートバージョンだけど、フルで歌います!
お祝いしたい人、騒ぎたい人も、来てね!!

最後はこの曲。
右手をぐるぐる回してね!!

一部にはマンネリな展開と言われかねないのですが、こうやってフォーマットがきちんと決まっているのは見ている方も安心できるので、安心してイベント参加できるってものです。

15:30、終了でした。


この後、時間があれば様子を見に行ってもよかったのですが、ちょっと次の予定があったので即座に退却でした。
普段は書かないんだけど。次の予定も記事にしようかな。




ともあれ、久々に小町ちゃんイベントに参加できてよかったです。
いつもの4人組ではなくメンバー半減になってたのがイレギュラーではありましたが、逆にそこが珍しくて参加した甲斐があるってもの。
まぁ、イベント時間が30分と決まってる(結構厳密に決まってる現場っぽい)のと、トーク時間が普段4人で回しているのを2人で頑張ってたこともあって、ちょっと進行に不安な点があったり、話題に飛躍があったり、同じ話題の繰り返しがあったりしたのですが。
それも含めて、頑張ってるな、ってのが見て解るし、普段以上にぶっ飛んだ姿が見れたのかと思います。
(普段に詳しくないけど、今までのイベントよりは自由だったと思うぞ)

今後も機会があれば行ってみたいと思います。
基本撮影OKだし、聞いたことも無いような場所での 御呼ばれイベント(主に自治体や行政関係が多い)に行く事が出来るので、普通に観光としても楽しみなところです。
そういう機会がないと、お出かけする機会が少なくなってる、って事もあるんですけどねwww



川崎純情小町☆×ドン・キホーテ溝ノ口駅前店バレンタインコラボイベント 第1部(2024/02/11)


川崎純情小町☆ さんのバレンタインイベントに行ってきました!
去年は結構イベントに行っていた小町☆ちゃんなのですが、実は今年に入ってからは初めてになります。

それなりに前からこの日にイベントがあるのを知ってたし、三連休だったけど萌えない方の用事で遠出なんかできる状態でもなかったので、この日は参加しようと決意していました。

だがしかし、当日になってツイッター(X)を確認してみると、衝撃の告知あり。


なんと、4人組アイドルグループで、2人が体調不良でお休みです!
半分ですからねぇ。これは大きい。
なのですが、こうやってイレギュラーな形でのイベントは珍しいので、是非とも見に行きたいと思ってしまいました。


そんな感じで、当日は普通に溝口駅に向かいます。
場所は駅から5分足らずのドン・キホーテ溝の口駅前店の入り口横の特設ステージ。
あの辺の道は真っ直ぐ直角って訳じゃないので説明は難しいのですが、ダイソーとかがある方の正面入り口ではなく、マルエツの角を入った先にある裏口的な入口の方です。
解っていればすぐなのですが、自分も最初に来た時は迷ってた。

開演15分前ぐらいに到着したのですが、すでにステージ前はかなりのお客さんが待ち構えている状態。
それでも、人と人の間から前の方が見える場所がギリギリあいていたので、そっと紛れ込んで待機していました。

時間が近づいてくると、普通の一般客も足を止めて、入口は結構な混雑具合に。
以前からそうだったと思うのですが、今回も小さなお子様が結構多かったかな。


12:00、イベント開始です。

いつもと同じように、通称 ゴミ収集車の歌 で登場!
4人さん・・・
あ、2人しかいないやwww
本日は、鶴田ちなみさん(ちなちゃん)、塙瑠香さん(るかぴょん)の2人だけのステージとなりました。

今回も撮影OKって事で、しかもアングル的にいい場所がとれたので、結構いい写真が撮れたと思います。
厳選した結果が上記。
まぁ、ちゃんと2人同時に映ってるとなると、かなり厳選する必要があるのですが。


衣装も含め、会場の雰囲気はこんな感じ。


バレンタイン衣装って事ですが、メイド服衣装って感じでした。
るかぴょんさんは、うさみみ付けてた。

数曲歌ってMCです。
こんにちはー!こんばんはー!
(2人して同時に言ってた)
あれ?夜じゃないぞ?お月様は??

なんとなく今回はトークが長めだったような気がします。

ドンキで何を買った?
日用品?トイレットペーパー??
るーちゃんは?
バレンタイン時期なので、あま~いチョコ。
って言いたいけど、辛ラーメンを買いました。
辛いのが苦手な人は、チーズ入れるとリゾットみたいでいいんだよ!
溝の口ドンキで辛ラーメン買ったことがある人!はーい!!
少なくとも、ここに1人いま~す!(←るかぴょんさん)

そこに、ペンライト売り場があるの。
担当さんが、でっかい手作りリボンを作ってくれたんだよ!
この後、担当さんの名前を大声で叫んでたと思うのですが、正確に覚えてないので書かないでおこう。

今回、新しい海苔が出たの!
みんな買った?はーい!
客席の皆さん、戦利品の海苔を出してメンバーにアピール。
あれ?るかのは~?
あった!!

2人だと自由だね~。
そんな感じで、和やかに進んで行きました。


ドンキ曲・バレンタインキッス。
この会場でバレンタインイベントをやるなら定番なのですが。
ここで毎度おなじみ、お菓子配りコーナーです。
1曲づつ、歌う人と遠征で配りに行く人で担当を分けてたみたい。
歌う方は歌詞を完全に覚えてなかったり、配る方は客席をぐるっと回って単体側まで言って配ってたり。

そこに、うさみみメイドさんがいますよ~。
って叫んでたwww



最後にお知らせ。
ライブあります!
生誕祭もあります!!
生誕祭ってなあに?お誕生日会の事です!!

御子様、女性は無料なので、みんな来てね!
って、ステージ脇の御子様連れのコーナーにアピールしていたので、ターゲットを絞ったプレゼンテーションなのでしょうwww
ただし、この手のライブハウスって入場無料でもドリンク代が必要、って感じじゃなかったっけ。


最後の曲は、毎度おなじみ 純情音頭。
右手を回してね!!

12:30、終演でした。

最後の退場時に、るかぴょんさんからチョコ貰えました。
俺が今年もらうチョコって、これだけかな~www



いつもは4人組なのに、一気に半分になってしまった今回のイベントですが、特に不自然さもなく、無事に終える事が出来たのかな。って感じです。
特にるかぴょんさんは、この場所で研究生としてお披露目があった時を見ているのですが、それ以来、正式メンバーに昇格するまで、ずーっと1人研究生として頑張ってきたので、担当以外の歌詞も完璧ですよね!
(そんな事をどこかでに書いてあったような)


ともあれ、15時から第2部がありますので、それに向けて準備してきたいと思います。




小泉かのんバースデーライブ2024 (2024/02/03)


去る1月28日は、Luce Twinkle Wink☆ のミントグリーン担当、小泉かのん さんのお誕生日でした。
おめでとうございます!

そんな流れで、2月3日にかののんバースデーライブが開催されました。
まぁ、誕生日当日にLuce単独ライブがあって、そこでも全員ミントグリーン衣装というライブが実施されていたので、そっちが本番と言ってもいいぐらいだったのですがwww



告知ツイートはこちら。


結構前から告知されていたのですが、自分がチケットを取ったのは本当にギリギリになってしまいました。
この週は色々あって忙しかった、ってのもあるし、先週のライブから帰った後で参加を決意したっていうのもありますが。
そして、コンビニ発券も当日になってからでしたので、本当にギリギリのスケジュールで動いてました。


それより重大な発表がありまして。
2月1日付で、以下のツイートが公開されたのです。


かののん2/23にLuce卒業!
なにこれ、衝撃の事実!!
まぁ言いたいことはあるのですが、それは後にするとして。
この発表があったこともあって、ますます今回の参加を決意した、って事もありました。



当日。
場所は毎度おなじみ、鶯谷東京キネマ倶楽部
なのですが、諸事情あって入谷から向かいました。
上記のような理由でチケット番号もおそらく最後列なので、開場時間に間に合えばいいや。
って思って向かったら、それすら間に合わないという体たらくwww
まぁ、実際には入場が始まった後でも、1階廃屋での整列中に一般チケットの番号確認をしてたぐらいなので、丁度いい時間だったのでしょう。

整列時点で身分証確認。
5人づつエレベーターに乗って、6階まで着くと、セルフもぎりのあと、お目当てメンバーの名前の書かれたカップに投入を投入。
今回も前回と引き続き、小泉さんの所に入れましたよ。そして、そこが一番多かった。
その後、ドリンク代500円を払って、階段でワンフロア降りてから入場です。
色々書きましたが、この会場では毎回のパターンです。

まぁ案の定、最後列に近い状態でしたが、人口密度があまり高くないので、それなりには見る事が出来ました。

そして周囲を見ると、でっかいカメラを持った人が多数。
そう、この日は最初のブロックは撮影OKだったのです!
自分は外出してから気づいたので、ちゃんとしたデジカメを持って来ることはできませんでした。
なんとかスマホカメラで撮影したけど、やっぱり暗闇で動く人物を撮影するのは難しいね。
止まってるなら、夜間モードとかHDRとか色々手法はあるのですが。
なので、上記写真は入口のバースデーライブバルーンです。


入場もだいぶ遅れてたので、開演も少し遅れてましたっけ。
17:08ぐらいに開演でした。

ShallWe出囃子で6人さん登場。
そのままの流れで、1曲目は Shall we Luce? でした。
会場がそれっぽい!


セトリはこちら。
めいぷるblogを参考にしてます。

01.Shall we Luce?
02.Fight on!
03.1st Love Story
04.Shiny flower
05.ターミナル~僕ら、あるべき場所~
06.Password
07.輪廻のスーパーノヴァ
08.刹那ハレーション
09.好きといわせてもらってもいいですか(小泉ソロ)
10.初恋サイクリング(カバー)
11.恋のprolougue*
12.I‘mpossibe
13.Shiny Day,Shiny Life
14.恋色♡思考回路


最初の4曲が撮影可能ブロックでしたっけ。
自分は早々に断念して、曲に集中してましたが。
特に自分は 1st Love Story が大好きなので、撮影に気に取られること無く集中できたのはよかったです。


4曲歌ってMC。
本日は、バースデーライブにお越しいただき、ありがとうございます!
皆さん、お楽しみいただき・・・うそ!!

え?何事?って思ったのですが、どうやらかののんの進行ミス?だったようです。

まずは、お祝いしましょう!
お誕生日、おめでとう!!!!!

バースデー衣装、ミントグリーンにしました!
色々考えたのですが、やっぱりこの色が好きだな、って思って。
ポイントは、回った時のスカートの広がり方!!
なので、いっぱい回ります!!


Shiny flowerが新体制初披露曲、って話もしてましたっけ。
ちょっとだけ、また体制が変わるのか、とも思ったのですが。


その後は、かっこいいコーナー。
クールーチェ楽曲、って言ってましたっけ。
色々ありすぎて悩んだけど、この4曲にしたの!

その後ソロコーナーに入るのですが、そこでちょっとお言葉を。
軽くですが、ここでLuce卒業について軽く触れました。
1人だけのタイミングで話をしたので、それについて周囲からのツッコミは無かった方がよかったんでしょうかね。

ソロ曲の次は、カバー曲。
かののん+4人って体制で歌ってました。
うさみさんだけいなかったんだっけ?


映像コーナー。
幼少期から、ルーチェ加入後の写真・動画なんかが編集されて流れてきてました。
幼少期の後、すぐにLuce加入後の画像になったので、なんか途中が抜けてるのか?とも思ってしまいますwww



映像明けの 恋のprolougue* は、ソロのアカペラでサビだけ独唱してたので、印象的な入り方。
すぐに6人体制になったので、導入部分だけが特別仕様でした。


その後もトーク少な目で楽曲が続き、ラストは定番曲。
おれもー!おれもー!!おれもー!!!

写真を撮りましょう!
カメラは?はーい、みんな並んで!!
みんな、このポーズしてね!

って感じで撮影したのが、この写真。
他に衣装とか会場の雰囲気とかも解ります。


最後に、ちょっとした挨拶があって、かののんだけ最後までステージ上で御手振りしてましたっけ。
18:23、終演でした。


なんとなく、その後の展開はバタバタしてたみたい。
どうやら20:10には完全撤収が必要らしく、チェキサインなんかは後日実施に回された人も多かったようです。



今回のかののんバースデーライブ。
そもそもかののん自身があまりトークが得意な方でもないのですが、それにしても坦々と進んだのかな、って感じました。
実際には諸事情(?)あって参加できなかった宇佐美さんバースデーライブも、トーク少な目にして曲を多くする、って言ってたので、流れ的には同じ感じなのかな、って思ったりして。

それでも、ある意味一番肝心なLuce卒業について、ソロの場でちょっとだけ触れただけで、あまり話題にしてほしくないような感じも受けたのは、ちょっと気になるなぁ。
なにより気になるのは、上記の卒業発表の内容なのですが、「Luce Twinkle Wink☆を卒業し、新体制のAnge☆Reveに加入することになりました。」って所ですね。
そして画像になってる文書にある「ルーチェの目指す先と自分の目指す方向性に違いを感じる」って所が非常に気になりました。
これだけを見ると、Luceに無くて、あんじゅれにある方向性があるって事なんですよね。
自分は、あんじゅれさんの事はあまり詳しくないのですが、少なくともひたすら可愛いを追及し続けるLuceよりは、かっこいい方向に向かってる気がするので、そういう事なんですかねぇ。

実はそんな複雑な事情ではなく、Luceは5人であるべき という理念と、あんじゅれさんの再編成に伴う事務所の都合で、上層部からの人事異動があっただけなのかもしれませんが。
その中で、かののんが一番動かしやすかった、と言えなくもない…???

ともあれ、世にも珍しい6人Luceの期間も、もうすぐ終了。
せっかく前回の単独ライブで、かののんを注目して見るという楽しみを見に付けたばかりなのですが、このまま見れなくなるもの残念なので、なるべく卒業までにライブ・イベントに参加したいところです。




23Q4 萌えアニメ総括 その10


すでに季節2月中旬、先日は自分が在住している関東近郊でも大雪になったりしましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
これだけ寒いと、暖かい温泉にも入りたくなりますよね~。

本来、2023年アニメは終了したはずなのですが、実は1本だけ残していたので、アフターフォローとしての掲載です。
別に記述できなかったとか、破綻していて見られなかったとかではなく。
単純に、諸事情により放送が延期になっていた、ってだけでした。

そういう場合、放送日は後日お知らせします、のまま、それを発見できずに見逃して、後日思い出したけど見るすべを無くして忘れてしまう。
っていうのがパターンだったのですが。
今回はまだ2月半ばという事もあり、無事に見る事が出来たのでした。

って事で、正真正銘最後の23Q4総括、行ってみよう!!





豚のレバーは加熱しろ

諸般の事情により最終話の放送が年内に間に合わず、その後もタイミングを掴めなかったのか、結局2月半ばになってしまった今作。
元々の設定からして理不尽な作品だな、とは思っていたのですが、まさか放送タイミングまで理不尽になるとは思いませんでしたwww
それでも、他の似たような境遇の作品とは違い、無事に放送日近くに見られたのはよかったです。

告知ツイートはこんな感じ。


元々の内容としては。
豚のレバーを生で食ってしまったため、食中毒で入院することになってしまった主人公。
気が付いたら異世界に転生していて、豚さんになってました。

そこに現れた、謎の美少女ジェス。
なぜか人の心を読み取る能力があり、豚さんも中身は人間なので、意思疎通できてしまいます。
ジェスは王都に行かねばならないので、豚さんに一緒についてきて。ってお願いします。
王様にあったら、豚さんを元の姿に戻してもらえるかも。

そんな感じで、2人(1人+1匹)の旅は始まるのでした。

旅の道中も、いわゆる普通の異世界魔法ファンタジー世界なのですが、理賦存な段々と世界の様子が明らかになっていきます。
ジェスは「イェスマ」という種族なのですが、なぜかその種族は存外に扱われていて、奴隷のような首輪を付けられている。
そして、その首輪を(首ごと)狙う イェスマ狩りというものも存在している。
そして、イェスマはある程度の年齢になると、必ず王都に行かねばならぬ。
そして、行ったまま帰ってきたものはいない。

うーん、なんか怪しい雰囲気が漂ってきてる。。。

とはいえ、実際の作品中では、そこまで散々なる結果になる事は無く。
魔法使いの種族が、自らその立場を守るために、みたいな内容だったのかと解釈しています。

しかし問題は豚さんの方でして。
ジェスが、旅の道づれとして、生死の境を漂っていた主人公の意識を召喚してしまった、って感じの流れでしたので。
元に戻すには、この世界から消し去る必要がある。
当然、2人で旅をしてきた仲ですので、別れがつらくなってきます。
最終話は、ほとんどそんな内容。
まぁ、内容が内容だけに、きちんと描きたいよなぁ。


正直、異世界から消滅しました。で終わっても、アニメ作品として綺麗な終わり方だったのでしょうが。
その後、現世に戻って、色々あって、また異世界に戻ってきてしまいます。
戻ってきたところで終わり。
往年の「あのね商法」か!?って思ってしまいましたwww
もしくは2期があるのかとも思ったのですが、今の所発表されてないですよね?

ちょっと探ってみたところ、続きは小説2巻より。との事ですので、作品のプロモーションとしてのアニメの役割は十分に果たしているようです。


当初は多少の理不尽さがあったものの、ちゃんと解って思い返せば伏線になっていたのかな、とも思いますし。
何より、この手の作品は、タイトルや初期設定が最初のうちは有効だったのに、12話あたりでは全く関係なくなってくることが多いのですが、今作ではきちんと初志貫徹だったのは非常に評価できると思います。
実際には小説1冊分の内容のアニメ化って事でしたので、まだその辺のコントロールが出来る範疇だったからなのでしょうが。

アニメとしての終わり方(特に今後2期が無ければなおさら)についてはちょっとあるものの、全体を通してみれば良作だったと言えるのではないでしょうか。